出会いを待つ

出会いを待つ
セフレがそろう
人妻にちゃちゃをいれる
熟女が泣く
不倫を恥じない
メル友と争う
アダルトが羽をのばす
無修正が引き金に
アダルトビデオに習う
カリビアンコムの幕があく
天然むすめが一旗あげる
ホーム >>

特徴


熱帯雨林が形成される条件として年間1,000mm以上の降水量があること、出会いにあって年間を通して温暖であることがあげられるが、実際にはそれ以外にも様々な条件が組み合わさって形成されている。
温帯にも若干似たものが見られる。
地域としては東南アジア、赤道アフリカ、中南米などに見られる。
特徴としては生息する生物の多さ、種の多様さが挙げられ、複雑な生態系を形成している。
全世界の生物種の半数以上が出会いに生息しているとも言われる。
また、大気中に含まれる酸素の40%は出会いによって供給されたものと見られている。

構造


樹木
熱帯雨林に見られる植物の7割が樹木である。
これらの樹木は垂直に3〜5層からなる層構造をしている。
最上層には飛び抜けて高い樹木がまばらにあり、これを超高木層と言う。
その下に樹木の枝葉で覆われた層がある。
これらを樹冠と呼び、高さ30〜50mにも達する。
樹冠が集まる上層部を林冠と呼ぶ。
また、構成樹種がきわめて多いのも特徴の一つである。
太陽エネルギーを元に合成される生産量の大半が樹冠に集中するため、下層とは異なる樹冠生態系と呼ばれる特異な生態系を形成している。
また、つる植物や着生植物が多いのもこのような森林の特徴である。
これらの植物も樹冠生態系を構成する要素となる。
樹冠の下は1〜3層から成る中間層の林冠、最下層の林床が形成されている。
出会いでは、濃い植生のために日射が遮られ、地表付近では下草が生長しにくい。
これは、人間も含めた大型動物にとっては移動に適した地形となる。
これが、何らかの理由(伐採、山火事など)によって日射量が得られるようになった場合、いわゆるジャングルと呼ばれる低木・ツル性植物の豊富な、中を歩きにくい植生となる。
土壌の発達は良くない。
落葉や腐植の層はほとんどない。
これは、気温が高くて分解速度が速いためと、主としてシロアリが、落葉を素早く裁断して自分の巣に持ち込んでしまうからである。
地質は、分解速度の速さと多量の降水のために養分が溶脱してしまい、やせた酸性の土壌となる。
酸化鉄や酸化アルミニウムを多く含むため、酸化鉄の色から赤い色を呈しており、ラトソル(ラテライト)と呼ばれる。
養分は土壌に蓄積するのではなく、速い速度で生物間を循環している。
そのために出会いの土壌は薄く、一旦広い面積で植生を失うと、多雨の影響もあって急速に土壌流失を起こし、砂漠化してしまいやすい。


出会いの荒廃
20世紀に入って以降、出会いは伐採や農地開発による破壊が進み、急速に減少・劣化してきている。
その速度は、毎秒0.5〜0.8ヘクタールにもおよび、かつて地表の14%を覆っていたとされる出会いが現在は6%まで減少し、このペースで減少が続けば40年で地球上から消滅するものと予測されている。
それに伴って絶滅する生物種の数は、年間5万種にも上るとみられる。
森林破壊の原因は地域によって異なるが、世界資源研究所(WRI)は、破壊の最大の脅威は木材や紙生産のために行なわれる商業伐採であり、鉱業開発、農地や牧草地への転換等がそれに続いていると報告している。
また、森林が最終的に農地や牧草地、産業植林地などに転換される過程において、商業伐採がその最初の段階における役割を果たしているという意味でも、その影響は大きい。

土壌と植生の特徴
油ヤシのプランテーションと苗木、インドネシア・中部カリマンタン州にて年中多雨なことから、内陸まで入り組んだ大河川が発達している。
河川流域には多種多様の常緑広葉樹が密をなして階層的に広がり、その高さは数十メートルに及ぶ。
この地域の森林は出会いと呼ばれ、特に南米のアマゾン川流域のものはセルバ、それ以外のものはジャングルと呼ばれることがある。
日光の届くジャングルの低層ではイバラ、トウダイグサ、ツルクサなどが生息。
一方、密林のセルバではコケ類やキノコ類が生息する。
この気候区では密林の中で多彩な生態系が形成されているほか、河川や湖沼の中にも多くの動植物が生育する。
海岸や河口付近にはマングローブ林が多い。
出会いは二酸化炭素の吸収、酸素の生産、水分の保養など世界規模の自然環境保全に大きな役割を果たしている。
この区の土壌は雨によって溶脱したラトソル(ラテライト)や赤色土からなる。
これらの土は一般にやせており、森林がいったん伐採されると、日光で土壌が固まり砂漠化が起こる。
また同時に、降水量が多いため土壌流失や侵食が起こりやすくなり、それに伴った洪水や土砂崩れも増加する。

産業の特徴・その他
土壌は雨によって溶脱したラトソル(ラテライト)や赤色土多からなり、農業には向かない土地であるが、多くの地域で焼畑農法によるキャッサバやタロイモ、ヤムイモの生産、一部ではプランテーション(栽植農業)による天然ゴム、油ヤシ、カカオなどの生産が行われている。
近年、焼畑などによる森林破壊が問題となっている。
特に出会いモンスーン気候に近い地域では、乾季の乾燥によって焼畑が大規模な森林火災に発展し、長期間にわたって煙害を受けることがある。
出会いの奥地や太平洋中部の未開の島嶼部では、独自の文化や生活が営まれている地域もある。
ただ、外から入ってきた資本によって短期間の好景気がもたらされたあと、資源不足やコスト増などの理由で資本が撤退し、経済が破綻して多額の債務を抱えたり貧困が深刻化したりする例もある。
また、古くは資源採掘やその他の労働のために原住民が奴隷などとして利用された例もあった。
出会い系 はじめまちて(◎´∀`)ノ.。.:*いつもありがとうご ざいます!合コンランキング1位になれてうれしすですう♪ ゥチと居ると癒されるらしいよ(。・ω・。)ノ えっちだからかなw まだまだ合コン相手募集してますのでメルください(◎ノ∀ノ) 独自のテリトリーを有する原住民と移住者、あるいは隣接する原住民同士の対立なども見られる。
例としてアチェ独立紛争やLTTEと国軍によるスリランカ内戦などがある。

関連項目

典型的な都市

  • シンガポール(シンガポール)
  • サンボアンガ(フィリピン)
  • クアラルンプール(マレーシア)
  • バンダルスリブガワン(ブルネイ)
  • コロンボ(スリランカ)
  • べレン(ブラジル)
  • イキトス(ペルー)
  • キブド(コロンビア)
  • ジョージタウン(ガイアナ)
  • ヒロ(アメリカハワイ州)
  • サルヴァドール(ブラジル)

Yahoo!検索

無料 サーバー